BMW、グリーンアルミホイールを採用し、サプライチェーンにおける年間排出量を50万トン削減

BMW、グリーンアルミホイール採用で、サプライチェーンにおける年間排出量を50万トン削減

4月8日、自動車メーカーのBMWグループは、2024年からBMWとMINIブランドで、100%グリーン電力で生産されたアルミ鋳造ホイールの使用を発表した。この移行により、年間最大50万トンのCO2を削減する。

MINIブランドでは、2023年に新世代の『MINIカントリーマン』で、二次アルミニウムを70%使用した軽合金製キャストホイールの使用を開始する。同社によると、生産に100%グリーン電力を使用し、二次原料の含有率を70%にすることで、従来の製造工程と比較してCO2排出量を最大80%削減できる。

【参照ページ】
(原文)100-percent green power: BMW Group to use sustainably produced aluminium wheels from 2024
(日本語訳)BMW、グリーンアルミホイール採用で、サプライチェーンにおける年間排出量を50万トン削減

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る