ING、再生可能エネルギーファイナンスの大幅な強化を計画。新規石油・ガスプロジェクトへの融資を終了

ING、再生可能エネルギーファイナンスの大幅な強化を計画、新規石油・ガスプロジェクトへの融資を終了

3月23日、アムステルダムに本拠を置くグローバルバンクであるINGは、再生可能エネルギーへの融資を拡大し、化石燃料への融資を削減する計画を含む、一連の持続可能な金融に関する新たなコミットメントを発表した。INGは、2025年末までに再生可能エネルギーへの新規融資を50%増加させることを目指し、今後は新たな油田・ガス田への専用融資を行わないことを表明した。

INGによるとこの新しいコミットメントは、1.5°C目標に沿った融資ポートフォリオを目指す同行のTerra approachの一環をなすものである。Terraは、同行の顧客が現在使用している技術と比較して、気候目標を達成するために様々なセクターで必要とされる技術シフトを評価し、融資活動の適用方向を定めるものである。本アプローチでは、エネルギー・自動車・船舶・航空・鉄鋼・セメント・住宅ローン・商業用不動産など、排出量の多いいくつかのセクターに焦点を当て、同行の融資がこれらの分野における気候変動への対応力に貢献しているかどうかを判断するのに役立っている。

INGはここ数年、再生可能エネルギーへの融資に大幅に注力し、2016年以降、再生可能エネルギーへの融資をほぼ倍増させている。現在、同行の122億ユーロの発電用融資ポートフォリオの約60%を自然エネルギーが占めている。

同行の新たな化石燃料制限とは、2021年末以降の開発が承認された油田・ガス田に対する上流専用融資を指し、INGは今後も石油・ガスの流動性維持に積極的な顧客に対して融資を提供する予定だ。INGによると同社のエネルギー戦略は、気候変動と戦うための脱炭素化のニーズと、エネルギーを安価に維持し、エネルギー供給の安全性を確保するニーズのバランスを取ることを目的としている。

【参照ページ】
(原文)More renewables, less oil & gas
(日本語訳)ING、再生可能エネルギーファイナンスの大幅な強化を計画、新規石油・ガスプロジェクトへの融資を終了

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る