投資家グループ、ISSBに人権と人的資本に関する報告基準の策定を要請

投資家グループ、ISSBに人権と人的資本に関する報告基準の策定を要請

8月29日、運用資産1兆ドル(約145兆円)超を代表する投資家グループは、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)に書簡を発表し、企業が人的資本と人権について開示するためのグローバルな報告基準の開発を優先するよう求めた。

ISSBは2021年11月のCOP26気候変動会議で発足し、投資家、企業、政府、規制当局からの要求により、IFRSサステナビリティ開示基準を開発することを目標としている。

ISSBは、2023年6月に最初の気候変動とサステナビリティ報告基準を発表したが、最近、生物多様性、生態系と生態系サービス、人的資本、人権、財務報告におけるサステナビリティ情報の統合に関する研究プロジェクトの4つを含む、次の2年間の作業計画の優先順位に関するフィードバックを求める情報提供要請書(RFI)を発表した。

今回発表された書簡は、数カ国にまたがる24のアセットマネージャーとアセットオーナーが署名し、責任投資NGOのShareActionが取りまとめたもので、ISSBのRFIに呼応して送付された。ISSBは、「人的資本と人権の開示基準の研究を優先する」よう求めている。

書簡はまた、ISSBに対し、RFIでは別個のトピックとして提示されていた人的資本と人権に関するプロジェクトを統合するよう求めている。企業や投資家は、人権デュー・ディリジェンスが労働問題を特定するための重要なツールとして使用され、組合化やダイバーシティ&インクルージョンなど、いくつかのクロスオーバー領域が存在することから、実務上このトピックを関連領域として扱っていると主張している。

【参照ページ】
(原文)ISSB urged to prioritise international standards for reporting on human and worker rights
(日本語参考訳)投資家グループ、ISSBに人権と人的資本に関する報告基準の策定を要請

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る