EY、Carbon13と提携し、排出削減に特化したスタートアップ・アクセラレーション・プログラムを開始

3月18日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるEYは、気候変動に特化したアクセラレーターのCarbon13と、CO2排出量削減のためのソリューションを開発するスタートアップの開発と規模拡大の支援を目的とした新たなパートナーシップの締結を発表した。

2019年に設立されたCarbon13は、5年間で1,000人の起業家を支援し、4億トン以上の二酸化炭素排出量を削減する可能性を持つ、スケーラブルなスタートアップの輩出を目指している。同イニシアティブのアクセラレーション・プログラムは、8カ月にわたってスタートアップ企業と連携し、チームのマッチングや実証実験、そしてスタートアップへの投資を行い、顧客のトラクションと勢いをつけることに注力している。

このプログラムは現在、第2期を運営しており、第3期生の募集も開始している。またEYは今後2年間で3つのアクセラレーション・プログラムとの協力を約束している。他にも、EYのサステナビリティ・チームが気候変動やサステナビリティに関する専門知識を共有し、スタートアップの価値提案の形成や改良を支援するスピーカーイベントやワークショップなども開催する予定だ。

【参照ページ】

(原文)EY announces collaboration with Carbon13 to support start-ups and entrepreneurs in their mission to reduce CO2e emissions
(日本語訳)EYは、CO2e排出量を削減するという使命において、スタートアップ企業や起業家を支援するためのCarbon13とのコラボレーションを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る