炭素回収スタートアップHeirloom、Breakthrough Energyとマイクロソフトの支援を受け、64億円の資金調達を実施

ダイレクト・エア・キャプチャー(DAC)技術のスタートアップ企業であるHeirloomは、シリーズA資金調達ラウンドで64億円の調達を発表した。これは、ダイレクト・エア・キャプチャー技術におけるこれまでで最大の資金調達額であり、Carbon Direct Capital Management、Ahren Innovation Capital、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough Energy Venturesが共同で主導した。

今回の資金調達で得た資金は、研究開発および技術の実用化と、会社の規模拡大に使用される予定だ。Heirloom社のソリューションは、低コストで直接空気捕捉を行うことを目的としており、豊富で手頃な価格の鉱物を利用して、CO2を天然鉱物に結合する自然プロセスを強化する。同社は、2035年までに10億トンの二酸化炭素を大気から除去する目標を掲げている。

【参照ページ】

(原文)Direct Air Capture Startup Heirloom Raises $53MM Series A, Among the Largest Investments in New Carbon Removal Technologies
(日本語訳)炭素回収のスタートアップ「Heirloom」がビル・ゲイツ氏のBreakthrough Energyとマイクロソフトの支援を受け、64億円の資金調達に成功

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る