炭素回収スタートアップHeirloom、Breakthrough Energyとマイクロソフトの支援を受け、64億円の資金調達を実施

ダイレクト・エア・キャプチャー(DAC)技術のスタートアップ企業であるHeirloomは、シリーズA資金調達ラウンドで64億円の調達を発表した。これは、ダイレクト・エア・キャプチャー技術におけるこれまでで最大の資金調達額であり、Carbon Direct Capital Management、Ahren Innovation Capital、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough Energy Venturesが共同で主導した。

今回の資金調達で得た資金は、研究開発および技術の実用化と、会社の規模拡大に使用される予定だ。Heirloom社のソリューションは、低コストで直接空気捕捉を行うことを目的としており、豊富で手頃な価格の鉱物を利用して、CO2を天然鉱物に結合する自然プロセスを強化する。同社は、2035年までに10億トンの二酸化炭素を大気から除去する目標を掲げている。

【参照ページ】

(原文)Direct Air Capture Startup Heirloom Raises $53MM Series A, Among the Largest Investments in New Carbon Removal Technologies
(日本語訳)炭素回収のスタートアップ「Heirloom」がビル・ゲイツ氏のBreakthrough Energyとマイクロソフトの支援を受け、64億円の資金調達に成功

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る