ヒートポンプ技術の新興企業エバリ、約11億円を調達

ヒートポンプ技術の新興企業であるエバリは、750万ドル(約11億円)のシード資金を調達したと発表した。この資金は、民生用および産業用冷暖房システムの電化に向けた同社の技術の商業化に使用される。

ヒートポンプは、温室効果ガスの排出が少なく、化石燃料への依存を減らすことができるため、炉やエアコンに代わるエネルギー効率が高く、気候変動に優しい主要な代替手段として急速に台頭している。国際エネルギー機関(IEA)によると、ヒートポンプ・ヒートポンプは、2030年に世界のCO2排出量を少なくとも5億トン削減する可能性があるという。

今回の融資は、住宅の脱炭素化を目的とした政府の奨励策もあり、ヒートポンプの需要が伸びると予想される中で実施される。例えば、米国のインフレ抑制法では、ヒートポンプに対して多額のリベートと税額控除が提供されている。

2021年に設立されたニューハンプシャー州を拠点とするエヴァリ(旧MTT)は、電気自動車から住宅・商業用冷蔵、暖房に至る用途で重要な役割を果たすヒートポンプの駆動に使用できる、超音速でポケットサイズのターボコンプレッサを製造している。同社によると、エバリの技術はクリーンテック製造プロセスを使用しており、現在のヒートポンプ・コンプレッサーよりもエネルギー効率が最大50%高く、製造コストも低いという。

Clean Energy Venturesが主導し、Clean Energy Venture Group (CEVG)のエンジェル投資家とFarvatn Ventureが参加するエバリは、今回のシード資金調達により、チームの成長と製造能力の拡大が可能になると述べている。今回の資金調達の一環として、キャリア社で長年ターボ機械とエンジニアリングのリーダーを務めてきたクリス・クメッツ氏が、独立役員として参加することになった。また、ベテラン初期気候変動投資家であり、Clean Energy Venturesのベンチャーパートナーであるジョン・サントレリ氏もエバリの取締役会に加わる。

【参照ページ】
(原文)Evari Closes $7.5M Financing to Bring Next-Generation Heat Pump Turbocompressors to the Mass Market
(日本語参考訳)次世代ヒートポンプ・ターボコンプレッサーを大衆市場に投入するため、エバリが750万ドルの資金調達を完了

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る