ライトシフト、グリーンバッカーから約154億円を調達

3月28日、蓄電池プロバイダーのライトシフト・エナジーは、クリーンエネルギーに特化した運用会社、グリーンバッカー・キャピタル・マネジメント(GCM)から1億ドル(約154億円)を調達したと発表した。

エネルギー貯蔵ソリューションとインフラは、エネルギー転換の重要な投資分野として浮上している。風力や太陽光など多くの再生可能エネルギー源が断続的な発電という性質を持ち、エネルギーが無駄にならないようにしながら24時間エネルギー需要を満たす必要があることから、蓄電は急速に拡大するクリーンエネルギー転換の主要なビルディングブロックのひとつを形成している。

デロリアン・パワーからリブランドしたライトシフトは、マイケル・ハーバートとローリー・ジョーンズによって2019年に設立された。同社は、公営電力、投資家所有の公益事業、大企業の消費者からの急成長する需要を満たすことを目的とし、米国全土で最大250MWの規模のバッテリーエネルギー貯蔵プロジェクトの多様なパイプラインを開発している。

今回の資金調達には、持続可能なインフラ開発プラットフォームへの成長株式投資に特化したGCM傘下の投資ビークルからの2,000万ドル(約30億円)が含まれ、ライトシフトのチーム規模拡大、販売促進、パイプラインの拡大に充てられる。また、持続可能なインフラ資産に投資するGCM傘下の第2の投資ビークルからの8,000万ドル(約123億円)は、ライトシフトのポートフォリオの建設と運営を支援する。

【参照ページ】
(原文)Lightshift Energy raises $100 million from Greenbacker Capital Management to expand utility scale battery storage across North America
(日本語参考訳)ライトシフト・エナジーがグリーンバッカー・キャピタル・マネジメントから1億ドルを調達し、北米全域で公益事業規模の蓄電池を拡大へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る