ゴールドマン・サックスのリニューアブルズ・スピンアウトMN8が約493億円を調達

ゴールドマン・サックスのリニューアブルズ・スピンアウトMN8が約493億円を調達

4月1日、太陽光発電とエネルギー貯蔵を手がけるMN8エナジーは、転換可能優先株式の第三者割当増資により3億2500万ドル(約493億円)を調達し、この資金調達で得た資金は同社の成長と事業拡大に充てると発表した。

ニューヨークを拠点とするMN8は、2017年にGoldman Sachs Renewable Power LLCとして立ち上げられ、2022年にブランドを変更し独立した。同社は、企業顧客に再生可能エネルギーと関連サービスを提供し、電化と脱炭素化の目標達成を支援している。米国28州にわたる875の太陽光プロジェクト、270メガワット以上の蓄電池プロジェクト、EV充電ソリューションなど、3.2GWのフリートを持っている。

今回の第三者割当増資には、エネルギー・コモディティ・グループのマーキュリア・エナジーによる2億ドル(約303億円)の投資と、米国のインフラ投資家リッジウッド・インフラストラクチャーによる1億2500万ドル(約189億円)の投資が含まれている。

この取引の一環として、マーキュリアはMN8の取締役会にオブザーバー席と席を獲得し、リッジウッドもオブザーバー席を獲得する。MN8とマーキュリアはまた、MN8の再生可能エネルギー能力とマーキュリアのエネルギー市場に関する専門知識を活用し、より持続可能で、安価で信頼性の高いエネルギーシステムを推進することを目的とした商機を見極めることに焦点を当てた、新たな戦略的協力関係の構築も発表した。

【参照ページ】
(原文)MN8 Energy LLC announces closing of private placement
(日本語参考訳)MN8 Energy LLC、第三者割当増資の完了を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る