マイクロソフト、テキサス州の新規ソーラー・プロジェクトから400MWの再生可能エネルギー購入契約を締結

3月27日、リーワード・リニューアブル・エナジー(LRE)は、テキサス州で開発中の2つの太陽光発電施設から合計400MWの再生可能エネルギーを供給するため、マイクロソフトと新たに2つの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。

テキサス州フリオ郡のモローレイク・ソーラー(2024年第4四半期までに完成予定)と、同州ブラゾリア郡のクレイドル・ソーラー(2025年第4四半期までに完成予定)である。LREによると、これらのプロジェクトは、ファースト・ソーラーの超低炭素薄膜太陽電池モジュールを利用し、雇用と多大な地域経済利益を提供し、土壌の健全性を促進し、在来種の植物を保護し、生物多様性を高める強固なランド・スチュワードシップ活動など、環境を保護・強化する取り組みを含む。

この新しい契約は、マイクロソフトにとって一連の再生可能エネルギー契約の最新版となるもので、今月初めに発表された、テキサス州を拠点とする408MWの太陽光・蓄電プロジェクト開発・運営会社PrimergyとのPPAや、イリノイ州のEDP Renewables North America(EDPR NA)およびVolt Energy Utilityとの「環境正義PPA」などが含まれる。

2021年、マイクロソフトは「100/100/0クリーンエネルギー目標」を打ち出し、2030年までに電力消費の100%をゼロ炭素エネルギー源からの購入で賄うことを目標とし、2025年までに全世界のビルとデータセンターで再生可能エネルギーを100%使用するという事前のコミットメントを追加した。マイクロソフトはまた、2030年までにカーボン・マイナスになること、2025年までに全世界のビルとデータセンターで消費する電力の100%を再生可能エネルギーで賄うことも約束している。

【参照ページ】
(原文)LEEWARD RENEWABLE ENERGY SIGNS POWER PURCHASE AGREEMENT WITH MICROSOFT FOR MORROW LAKE SOLAR AND CRADLE SOLAR FACILITIES
(日本語参考訳)リーワード・リニューアブル・エネルギー、マイクロソフトとモローレイクソーラーおよびクレイドルソーラー施設の電力購入契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る