Tesco、Faerch Groupと共同で惣菜トレーのリサイクルを開始

 

4月11日、Tescoは、業界初の試みとして、使用済み食品用プラスチックトレーのリサイクルを開始した。同社の主力商品であるチルド調理済み食品に完全循環型のパッケージングソリューションを提供する。

本取組は、大手パッケージングメーカーFaerchとの協力によるもの。ヨーロッパのゴミ箱から回収されたPETトレイをリサイクルし、食品用プラスチックトレーに生まれ変わらせる。

Tescoの調理済み食品トレーは、すでに最大75%の再生資源を含んでおり、その大部分は、よりクリーンでリサイクルしやすいボトルフレーク・プラスチックから作られている。今回の「Tray 2 Tray by Faerch」プログラムにより、新しいチルド食品用トレーには、最低30%のリサイクル原料が含まれることになる。

新しいトレーは、4月からTescoの主力自社ブランドのチルド調理食品に段階的に導入される予定である。本コラボレーションにより、高品質の食品用PETがダウンサイクルされることなく、サプライチェーン内で維持されることが保証され、トレイのPETパッケージが産業規模で完全に回収・リサイクルされることが実証された。

Tescoはまた、サプライヤーと協力して製品全体の変化を促進し、2019年には英国のパッケージからリサイクルしにくい素材をすべて排除する。さらに、プラスチック廃棄物の影響に取り組むUK Plastics Pactを含む業界の活動を支援している。

【参照ページ】
(原文)Tesco launches collaborative ready meal tray-to-tray initiative with Faerch Group
(日本語訳)Tesco、Faerch Groupと共同で惣菜トレーのリサイクルを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る