イージージェット、エアバスのDACCS型カーボンクレジットと契約

10月9日、英格安航空大手イージージェットは、航空機世界大手仏エアバスと炭素除去イニシアティブの契約を締結したと発表した。エアバスは、直接大気回収・貯蔵(DACCS)を使用し、吸収・除去系のカーボンクレジットを提供する。

DACCS技術は、高出力の抽出ファンを使用して、空気から直接CO2をろ過・除去する。大気から除去されたCO2は、地下の貯水池に安全かつ恒久的に貯蔵される。航空機の運航中に大気中に放出されるCO2は、発生源から直接除去することはできないが、DACCSを使えば、大気中から同量のCO2を抽出することができる。本技術は、持続可能な航空燃料(SAF)の使用など、他のCO2削減技術を補完するもの。

イージージェットは、2022年にエアバスと協定を結んだ最初の航空会社のひとつであり、検証された耐久性のあるカーボンクレジットの事前購入の可能性について交渉に参加することを約束。カーボンクレジットはエアバスのパートナーである1PointFiveによって発行される。エアバスと1PointFiveとの契約には、4年間で納品される40万トンの炭素除去クレジットの事前購入が含まれている。

【参照ページ】
(原文)easyJet signs up to Airbus’ pioneering carbon removal solution
(日本語参考訳)イージージェット、エアバスのDACCS型カーボンクレジットと契約

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る