ブラジル、2026年からサステナビリティ報告を義務化

10月20日、ブラジルの証券取引委員会(CVM)と財務省の新たな発表によると、ブラジルの上場企業は2026年から、サステナビリティと気候変動関連の年次開示を義務付けられる。

CVMによると、新しい報告要件は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が最近公表したサステナビリティと気候関連の開示基準に基づいている。ISSBは2021年11月のCOP26気候変動会議で発足し、投資家、企業、政府、規制当局からの要望を受け、IFRSサステナビリティ開示基準を開発することを目的としている。

ブラジルは、新基準の採用を発表した中で最も新しい国・地域であり、最近では英国とオーストラリアが新基準の採用を発表している。7月には、証券規制当局のための主要な国際政策フォーラムおよび基準設定機関であるIOSCOが、規制当局に対し、サステナビリティ報告規制の枠組みに基準を組み込むよう呼びかけた。

本報告要件は、グリーン経済への移行を推進することを目的として今年初めに開始されたブラジルの戦略「エコロジカル・トランスフォーメーション・プラン」の一部であり、3,500億ドル(約52.5兆円)の官民インフラ投資計画も含まれている。

CVMによると、上場企業と投資ファンドは、2024年に任意ベースでIFRS基準に従ったサステナビリティ報告を開始できるようになり、上場企業は2026年に報告義務化が始まる。2027年からは、事業年度終了後3ヶ月以内、または財務諸表発表と同時のいずれか早い時期にサステナビリティ報告が義務付けられる。

【参照ページ】
(原文)Brazil adopts ISSB global baseline, as IFRS Foundation Trustees meet in Latin America
(日本語参考訳)ブラジル、2026年からサステナビリティ報告を義務化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る