ニューヨーク州、過去最大の再生可能エネルギー投資を発表

10月24日、ニューヨーク州のキャシー・ホーチュル知事は、3つの大型洋上風力発電と22の陸上プロジェクトを含む、640万kWの再生可能エネルギー・プロジェクトに対する一連の賞を発表した。

これらのプロジェクトが完了すれば、250万世帯以上の電力を賄い、ニューヨーク州のエネルギー需要の12%を供給可能である。温室効果ガス(GHG)排出量の年間940万トン削減も見込まれている。

また、本賞により、ニューヨーク州の再生可能エネルギープロジェクトは、2030年までに同州の電力需要の79%を供給するのに十分な容量となり、2030年までに電力の70%を再生可能エネルギーで賄うという同州の目標を大幅に上回ることになる。本プロジェクトは、2040年までに電力部門のゼロエミッション化、今世紀半ばまでに経済全体のカーボンニュートラル達成という州の方針にも敵う。

賞のおよそ3分の2は、トータルエナジーズ、ライズライト&パワー、コリオ・ジェネレーションの140万kW「アテンティブ・エナジー・ワン」、RWEオフショア・リニューアブルズとナショナル・グリッド・ベンチャーズの130万kW「コミュニティ・オフショア・ウインド」、コペンハーゲン・インフラストラクチャーの130万kW「エクセルシオール・ウインド」プロジェクトを含む3つの大規模洋上風力発電プロジェクトに授与された。これらのプロジェクトを合わせると、洋上風力発電への州による投資としては過去最大となり、年間700万トン以上のCO2排出を削減し、150億ドル(約2兆2,603億円)以上の州内支出を見込んでいる。

陸上プロジェクトには、14の新規太陽光発電プロジェクト、6つの風力再出力プロジェクト、1つの新規風力発電プロジェクト、そして合計240万kWの水力発電プロジェクトが含まれる。これらのプロジェクトにより、40億ドル以上の直接投資が見込まれている。

【参照ページ】
(原文)Governor Hochul Announces Nation’s Largest-Ever State Investment in Renewable Energy is Moving Forward in New York
(日本語参考訳)ニューヨーク州、過去最大の再生可能エネルギー投資を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る