欧州理事会、EUの再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する目標強化で合意

6月27日、欧州理事会は、温室効果ガス(GHG)排出量を2030年までに1990年比で55%削減するEUの取り組み「 Fit for 55 」の交渉姿勢として、自然エネルギーとエネルギー効率に関する高い目標に加盟国が合意したことを発表した。

理事会の合意内容は、エネルギーミックス全体に占める再生可能エネルギー源の割合を現在の32%から40%に引き上げるという拘束力のある目標を設定すること、およびその日までにエネルギー消費量を2020年比で9%削減することである。

EUのFit for 55目標は、2020年9月に欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長が提案したもので、2030年までに40%という従来の目標からEUの野心を引き上げ、この新しい水準によって2050年の気候ニュートラルに向けて軌道に乗せるというものだ。本提案は、エネルギー、土地利用、交通、税制、社会的に公正な移行など、さまざまな政策に及んでいる。

本提案は、欧州委員会が2050年までに気候変動による中立性を達成するというEUの目標を法制化した欧州気候法を採択したことを受けて行われたものである。気候法は、地域を近代的で資源効率の高い競争力のある経済に変えるためのEU戦略である「欧州グリーンディール」の目玉である。2050年の目標に加え、2030年までに55%削減するという拘束力のある目標が設定された。

また、運輸を含む一連のセクター別目標についても合意し、加盟国には最終消費におけるGHG原単位13%削減または再生可能エネルギー29%以上という選択肢を与え、冷暖房用の再生可能エネルギーを2026年まで年間0.8%、2026年から2030年まで1.1%の増加という拘束力を設定、2030年の建物における再生可能エネルギー比率49%以上という目標などを掲げた。

【参照ページ】
(原文)“Fit for 55”: Council agrees on higher targets for renewables and energy efficiency
(日本語訳)欧州理事会、EUの再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する目標強化で合意

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る