Intersect Power、約1,000億円を調達し、再生可能エネルギー・貯蔵・水素の生産能力を拡大

6月28日、クリーンエネルギーに特化した電力・燃料供給会社であるIntersect Powerは、7億5000万ドル(約1,000億円)を調達したと発表した。本資金は、クリーンエネルギー・プラットフォームの構築を加速するために使用され、現在の240万kWのポートフォリオから、8GW+の再生可能発電、貯蔵および水素製造に拡大する予定だ。

この成長株投資は、TPGのグローバルインパクト投資プラットフォームであるTPG Riseの70億ドル(約9,500億円)の気候投資戦略であるTPG Rise Climateが主導し、既存投資家のインフラ投資会社Climate Adaptive Infrastructureと未公開株式会社Trilantic Energy Partners North Americaが参加したものだ。

2016年に設立されたIntersect Powerは、スケーラブルで変革的なクリーンエネルギー・プロジェクトに注力している。同社は、北米の顧客に低炭素電力、燃料、その他の関連製品を提供する大規模なクリーンエネルギー資源を開発している。

本投資による収益は、約1GWのグリーン水素生産の開発計画、8.5GW以上のクリーンエネルギー発電と8GWhのバッテリーストレージのパイプラインを通じて、インターセクトパワーの新しい市場や技術への参入加速を支援するために使用される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Intersect Power Announces $750M Growth Equity Investment from TPG Rise Climate, CAI Investments & Trilantic Energy Partners North America
(日本語訳)クリーンエネルギー企業Intersectが7億5000万ドルを調達し、再生可能エネルギー、貯蔵、水素の生産能力を拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る