Morningstar Sustainalytics、プロパティレベルの気候リスクデータを提供するAquantixを買収

6月29日、ESG格付、データ、リサーチプロバイダーのMorningstar Sustainalyticsは、モントリオールを拠点とするプロパティレベルの気候リスクデータプロバイダーであるAquantixの買収を発表した。

2017年に設立されたAquantixは、不動産および住宅ローン業界向けにプロパティレベルの気候リスクデータサービスを提供しており、AIを搭載したモデルを使って、不動産、企業、インフラに対する気候変動の影響を資産レベルで予測している。

Morningstar Sustainalyticsによると、不動産投資家、銀行、貸し手の間で気候関連データへの需要が高まっており、 Aquantixの技術と専門知識が加わることで、これらの主要ステークホルダーが世界の不動産分野における気候関連リスクを評価できるようになる。

さらに、レジストリ・ソリューション企業であるTeranetとAquantixの戦略的パートナーシップによるメリットも得られる。Morningstar Sustainalyticsは、Teranetとの提携により、不動産、銀行、融資、保険などの意思決定者に不動産気候データソリューションを提供すると期待されている。

【参照ページ】
(原文)Morningstar Sustainalytics Acquires Property-Level Climate Risk Data Provider Aquantix
(日本語訳)Sustainalytics、プロパティレベルの気候リスクデータを提供するAquantixを買収

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る