ネスレ、コーヒー零細農家向け天候保健プログラムの実証を開始

10月2日、食品世界大手スイスのネスレは、同社コーヒーブランド「ネスカフェ」にコーヒー豆を供給する800以上の零細農家を対象に、インドネシアで天候保険プログラムを試験的に開始することを発表した。同社は、英小規模農家保険NGOブルーマーブル・マイクロインシュアランスとの共同で本保険制度を開始する。本保険は、農家が降雨や干ばつといった予測不可能な天候パターンに対処できるよう、経済的な保護を提供する。

本イニシアティブは、コーヒーの長期的なサステナビリティをサポートし、農家の生活向上を支援するというネスカフェのビジョンである「ネスカフェプラン2030」の一環である。ネスレは、実証結果に基づき、本取り組みを世界中の他のネスカフェの調達拠点に拡大するかどうかを決定する。

ネスレは、バイオバーシティ・インターナショナルと国際熱帯農業センター(CIAT)と協力し、リジェネラティブ農業実践ガイド「Regenerative Agriculture for Low-Carbon and Resilient Coffee Farms – A Practical Guidebook」を作成している。また、コーヒーのサステナビリティ・プログラムである「Nescafé Plan 2030」「Nespresso AAA Sustainable Quality」プログラムも実施している。

【参照ページ】
(原文)Making coffee farming more resilient: Nestlé enters partnership to provide farmers with weather insurance and contributes to new regenerative agriculture guidebook
(日本語参考訳)ネスレ、コーヒー零細農家向け天候保健プログラムの実証を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る