世界銀行と日本、途上国でのクリーンエネルギーへの鉱物資源投資と雇用促進で協力

10月11日、世界銀行とG7議長国の日本は、新興市場および開発途上国(EMDC)でのクリーンエネルギー製品の製造増加、鉱物産業への参加促進の支援に向けた新たなイニシアティブ「RISE(Resilient and Inclusive Supply-chain Enhancement)」を発表した。

本イニシアティブは、再生可能エネルギー産業の発展により、新興国及び発展途上国の経済発展を後押しするもの。日本、カナダ、イタリア、韓国、英国も参画し、RISEに総額4,000万ドル(約60億円)以上拠出することを表明している。そのうち、日本政府は2,500万ドル(約38億円)の資金を拠出。他の国からの資金拠出も募る。

【参照ページ】
(原文)World Bank and Japan to Boost Mineral Investments and Jobs in Clean Energy
(日本語参考訳)世界銀行と日本、途上国でのクリーンエネルギーへの鉱物資源投資と雇用促進で協力

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る