三菱重工、脱炭素分野で2030年までに2兆円規模の投資を計画

 

3月18日、三菱重工は、温室効果ガスの排出量をネット・ゼロにするカーボンニュートラル分野で、2030年度までに2兆円規模を投資する計画を発表した。

投資計画として、研究開発やM&A(合併・買収)に投じる資金のうち8割を脱炭素技術に振り分ける。設備投資から、研究開発やM&A(合併・買収)を含めた投融資に大幅にシフトし、社会の脱炭素化に貢献する。 また、技術力を高めて脱炭素社会に向けた需要を広く取り込む。

【参照ページ】
(参考記事)三菱重工、脱炭素で2兆円投資 30年度まで、M&Aも

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る