Google、189MWの再生可能エネルギー購入契約を締結

8月29日、Apex Clean Energyは、ノースカロライナ州を拠点とする ティンバーミル風力発電プロジェクトで発電される再生可能エネルギーについて、Googleと189MWの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。本契約は、両社間の最初のPPAであり、2024年から2025年に本格的な商業運転を開始する予定の新規プロジェクトの全容量に相当する。

両社によると、新契約は、2030年までに24時間365日カーボンフリーエネルギー(CFE)で全事業の電力を賄うというGoogleの公約に貢献する。Googleの親会社であるAlphabetは、2020年に24時間365日CFEを目指すことを発表し、2030年までに全事業をCFEで運営することを目指している。24時間365日CFEでの運営とは、同社が事業を展開するすべての地域において、毎日毎時、電力需要とCFEの供給を一致させることを意味する。

本契約は、Googleによる一連の再生可能エネルギーに関する発表の中で最新のものである。4月にはエネルギー供給会社であるØrstedと15年間の150MWのPPAを締結し、3月には再生可能エネルギー取引インフラプロバイダーであるLevelTen Energyとの協業を開始した。

189MWのティンバーミル風力発電所の建設は2023年5月に始まった。同施設は、木材と農地に広がる最大45基のタービンで構成され、年間推定47,000世帯分の電力を供給する。Apexによると、同プロジェクトは地元の自然保護活動に19万ドル(約2,760万円)貢献し、約3,300万ドル(約48億円)の税収を生み出し、地元の土地所有者や農家に新たな収入源を提供する。

【参照ページ】
(原文)Apex and Google Partner to Advance North Carolina’s Second Wind Farm
(日本語参考訳)Google、189MWの再生可能エネルギー購入契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る