マッコーリー、グリーン肥料会社アトラス・アグロに3億2,500万ドルを投資

10月12日、マッコーリー・アセット・マネジメントは、スイスのグリーン窒素肥料会社アトラス・アグロに最大3億2,500万ドル(約500億円)を投資すると発表した。

窒素などの肥料の生産はエネルギーを大量に消費するプロセスであり、化石燃料を使用する場合、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2%を占めると推定されている。

スイスのツークを拠点とするアトラス・アグロは、2021年に設立され、米国と中南米に工業規模のグリーン窒素肥料工場を建設している。工場では、生産工程でグリーン水素を使用し、空気、水、再生可能エネルギーのみを投入資源として、農業地域でカーボンフリーの硝酸塩肥料を生産することで、生産と輸送の両方で大きなカーボンフットプリントを伴う輸入製品の代替を目指している。同社によると、各工場は年間約200万トンのCO2排出を削減する。

今回の投資は、マッコーリー・GIG・エネルギー・トランジション・ソリューションズ(MGETS)ファンドからのもので、アトラスの米国と中南米への進出を可能にする。

マッコーリーによると、アトラス・アグロへの投資は、グリーン水素をエネルギーキャリアとしてではなく、原料として使用するという、アセットマネージャーの米国におけるエネルギー転換の次の段階に沿ったものである。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management announces investment in Atlas Agro
(日本語参考訳)マッコーリー、グリーン肥料会社アトラス・アグロに3億2,500万ドルを投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る