化学大手Dow、循環型プラスチック・スタートアップPlastogazへの戦略的投資を発表

Dow、Plastogaz社への戦略的投資を発表

3月22日、化学および材料科学大手のDowは、廃プラスチックを循環型原料に変換する同社のソリューション推進及び埋立地の廃棄物の回避、二酸化炭素排出量の削減を目的として、循環型プラスチックスタートアップPlastogaz SAへの戦略的投資を行うと発表した。

Dowによると、Plastogazの触媒式水素化分解技術は、廃棄物から循環型原料、そして循環型ポリマーへのプロセスを簡素化し、現在の他の高度なリサイクル形態よりも効率的でエネルギー集約度の低いソリューションを実現する。

アドバンスト・リサイクルは従来のリサイクルを補完するプロセスであるが、アドバンスト・リサイクルでは、焼却や埋立地に送られることが多い従来リサイクル困難なプラスチックをリサイクルすることができる。また、リサイクルされた製品は食品と接触する包装に使用することができ、同じ材料のリサイクル回数に制限はない。

両社は今後、Plastogaz社のプロセスの商業化を加速させ、効率的でエネルギー消費の少ない高度なリサイクルを目指す。

Dowは、グローバルブランドがバリューチェーンからプラスチック廃棄物を排除し、プラスチック廃棄物の危機に対処できるよう、プラスチックの循環型原料の開発に注力するPlastogaz社のような企業との技術開発をさらに促進するために、リーチと材料科学の専門知識をもたらすことを目指すと述べている。

【参照ページ】
(原文)Dow to simplify plastic waste-to-feedstock process through investment with start-up Plastogaz
(日本語訳)Dow、サーキュラー・プラスチック・スタートアップPlastogazへの戦略的投資を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る