T. Rowe Price、ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ・イニシアティブに参加

投資運用会社T. Rowe Price、ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ・イニシアチブに参加

5月4日、グローバルな投資運用会社であるT. Rowe Priceは、2050年までに温室効果ガスの排出を完全にゼロにする目標を約束する資産運用会社の連合体、Net Zero Asset As Managers Initiative(NZAMI)への参加を発表した。

Net Zero Asset Managersイニシアティブは、温暖化を1.5℃に抑えるという世界の取り組みに合わせて、2050年またはそれ以前に温室効果ガスの排出をネット・ゼロにする目標を支持する資産運用会社のグループによって、 2020年12月に発足した。発足以来、本イニシアティブは急速に拡大し、約60兆ドルの運用資産に相当する230以上の署名者が参加している。

本イニシアティブの署名機関は、2050年またはそれ以前に全資産を対象にネット・ゼロ・エミッションを達成するという脱炭素化目標について顧客の資産家と協力する。2050年のネット・ゼロに合わせて運用する資産の割合について暫定目標を設定し、5年ごとに目標を見直し、資産の100%が含まれるまでその割合を段階的に増加させるなどの幅広い取り組みを行う。また、2050年までのネット・ゼロ・エミッションに沿った投資商品の開発、気候ソリューションへの投資の促進、ネット・ゼロ投資と気候リスクおよび機会に関する情報と分析の顧客への提供、スチュワードシップ、関与、投票政策、提言政策をネット・ゼロ目標に合わせることに合意している。

【関連記事】Fiera Capital 、2050年までにネット・ゼロを目指し、Net Zero Asset Managers Initiativeに参加

【参照ページ】
(原文)T. ROWE PRICE JOINS NET ZERO ASSET MANAGERS INITIATIVE
(日本語訳)投資運用会社T. Rowe Price、ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ・イニシアチブに参加

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る