M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

5月3日、国際的な貯蓄・投資事業者であるM&G plcは、チューリッヒに拠点を置き、新興市場に特化したインパクト投資を扱うresponsAbility Investments AGの買収を完了した。

2003年に設立された responsAbilityは、新興市場の民間債権および未公開株式に投資し、金融包摂、サステナブル・フード、気候ファイナンス分野の企業に重点を置いている。 これらの企業のビジネスモデルは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を直接支援する。12月31日時点で、responsonsAbilityの運用資産は約37億ドルで、創業以来110億ドル以上の投資を行っている。

同社は、M&Gのインパクト投資機能の強化に加え、チューリッヒに投資ハブを設置し、新たな市場に拠点を設けることで、国際的なフットプリントとアセット・オリジネーション能力を強化していく予定である。

【参考記事】M&G、インパクト投資家responsAbilityを買収

【参照ページ】
(原文)M&G completes the acquisition of responsAbility Investments AG
(日本語訳)M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る