M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

5月3日、国際的な貯蓄・投資事業者であるM&G plcは、チューリッヒに拠点を置き、新興市場に特化したインパクト投資を扱うresponsAbility Investments AGの買収を完了した。

2003年に設立された responsAbilityは、新興市場の民間債権および未公開株式に投資し、金融包摂、サステナブル・フード、気候ファイナンス分野の企業に重点を置いている。 これらの企業のビジネスモデルは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を直接支援する。12月31日時点で、responsonsAbilityの運用資産は約37億ドルで、創業以来110億ドル以上の投資を行っている。

同社は、M&Gのインパクト投資機能の強化に加え、チューリッヒに投資ハブを設置し、新たな市場に拠点を設けることで、国際的なフットプリントとアセット・オリジネーション能力を強化していく予定である。

【参考記事】M&G、インパクト投資家responsAbilityを買収

【参照ページ】
(原文)M&G completes the acquisition of responsAbility Investments AG
(日本語訳)M&G、インパクト投資を扱うresponsAbilityの買収を完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る