TotalEnergies、世界初の国境を越えたCO2輸送・貯留に関する商業契約を締結

8月29日、TotalEnergiesは、オランダのアンモニア・肥料工場であるYara Sluiskilから回収したCO2を輸送・貯蔵する商業契約をNorthern LightsとYaraの間で締結したことを発表した。

2025年初頭から、年間80万トンのCO2をオランダで回収・圧縮・液化し、ノルウェーのオイガルデン沖の海底下約2,600メートルの地層に恒久的に貯蔵するため、Northern Lightsのサイトに輸送される予定だ。

本件のような合意は世界初であり、欧州の重工業の脱炭素化において大きなマイルストーンとなり、サービスとしての国際的なCO2輸送・貯蔵への道を開くものだ。また、脱炭素化戦略の一環としてNorthern Lightsソリューションの活用を検討している欧州の産業界にとって、新たなスタンダードとなるものである。

【参照ページ】
(原文)Norway: Northern Lights Project Signs World’s First Commercial Agreement on Cross-Border CO2 Transport and Storage
(日本語訳)TotalEnergies、世界初の国境を越えたCO2輸送・貯留に関する商業契約を締結

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る