IEA、CCUSプロジェクト・データベースを公開

3月24日、IEAは炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)プロジェクト・データベースを初公開した。本データベースでは、世界各地で進行中および計画中の大規模なCCUSプロジェクトに関する詳細が確認できる。本データベースは、2022年に発表されるCCUSハンドブックとともに、政府や企業がCCUSの成長を継続的に促進するために利用できるツールとなることを目的としている。

2022年は、炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)にとって好調な年だった。140以上の新規プロジェクトが発表され、計画されている貯蔵容量は80%、回収容量は30%増加した。また、中南欧、中東、東南アジアの7カ国でもCCUSプロジェクトが発表され、CCUS開発計画のある国は45カ国となった。

2022年以降、産業・電力・燃料転換・直接空気捕獲などの用途で約15件の最終投資決定がなされ、2021年の8件から増加した。米国、カナダ、英国におけるCCUS特有の政策的インセンティブ、気候変動に関する公約の強化、コンプライアンスや炭素市場における炭素価格の上昇などを背景に、業界に対する信頼が高まっていることを示唆している。

CCUSのバリューチェーンにおいて、特に北米、欧州、中国、中東、オーストラリアにおけるCO2輸送・貯蔵インフラの整備が最も大きな成長を遂げていることが確認されている。2021年の100MtCO2、2020年の70MtCO2から、2022年には210Mt以上の新しいCO2専用貯蔵容量が発表された。また、収集ターミナル、パイプライン、船舶などの接続インフラについても、同様の容量が計画されている。今世紀半ばの気候目標を達成するために、十分な量の貯蔵施設を開発し、容量を確保するためには、継続的かつ持続的な推進が必要となる。

世界中の政府は、米国、欧州連合、オーストラリアを含む2021年以降、CO2輸送・貯蔵インフラの整備に60億米ドル(約8,000億円)以上を投入している。

CCUSのバリューチェーンを分割することで、CCUSの規模が拡大するにつれて、CO2管理のハードルを軽減することが可能となる。これまでのCCUSプロジェクトのほとんどは、CO2を一つの回収施設から一つの圧入地点まで輸送するフルチェーン・プロジェクトで、通常は1つのオペレーターが関与している。しかし、フルチェーン・プロジェクトは、高い投資額とクロスチェーンのリスク、そして1つの事業者が抱える負債額に問題が見られていた。現在、CCUSハブ内の共有インフラに関連して、捕捉・輸送・専用ストレージに焦点を当てたパートチェーン・プロジェクトが開発され、実現しつつある。合計で140以上のCCUSハブが開発中であり、2021年の3倍以上の数である。

【参照ページ】
(原文)How new business models are boosting momentum on CCUS
(日本語参考訳)IEA、CCUSプロジェクト・データベースを公開

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る