世界風力会議、2027年までに680GWの膨大な新規容量の導入を予測

3月27日、世界風力会議(GWEC)は、年次報告書「Global Wind Report 2023」を発行した。風力発電業界は、2025年までに陸上および海上で記録的な導入量を達成し、2027年までに680GWの新規容量が見込まれている。サプライチェーンのボトルネックによって2026年以降の風力発電の導入が滞ることを避けるために、政策立案者への早急な行動も促す。一方、サプライチェーンにおける課題は、2030年の気候変動目標の達成及び2050年までのネット・ゼロを阻む可能性があることも指摘している。

急速に進化する政策環境のもと、今後数年間は風力発電の導入が加速し、年間136GW、15pcの複合成長率で導入される予定である。

本報告書では、世界中のサプライチェーンへの投資を加速させることの重要性を指摘。GWECのマッピングによると、風力発電市場は、米国のインフレ抑制法、欧州の意欲向上、中国の急速な建設継続、大規模な発展途上国の導入加速などの好影響を受け、早ければ2025年からタービンやコンポーネントの供給ボトルネックが発生すると見られている。

【参照ページ】
(原文)Policymakers must act now to avoid supply chain challenges stalling record years of new wind energy capacity
(日本語参考訳)世界風力会議、2027年までに680GWの膨大な新規容量の導入を予測
(原文)Capturing Economic Opportunities from Wind Power in Developing Economies
(日本語参考訳)発展途上国における風力発電からの経済的機会の獲得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る