Reclaim Finance、保険大手にLNG開発「Ichthys LNG」への保険引受更新拒否を要求

Reclaim Finance、保険大手にLNG開発「Ichthys LNG」への保険引受更新拒否を要求

10月5日、Reclaim Financeを含む 20 の NGO は、世界の保険会社に対し、 オーストラリアで最も炭素集約的な液化天然ガス(LNG)プロジェクトの一つで、推進者のTotalEnergiesとInpexが現在気候破壊的な拡張計画を進めるIchthys LNGへの保険カバーを更新しないよう要請した。

西オーストラリア州最高裁の貴重な文書をもとに、本プロジェクトにすでに参加している保険会社の名前を明らかにし、その中からNet-Zero Insurance Allianceのメンバー10社を特定することに成功した。そのうちの1社であるSuncorpは、補償を更新しないことを約束した。NGOは新しい報告書で、本プロジェクト拡張の補償を進めることは気候変動に関する公約違反になると警告し、サンコープの例に倣うよう呼びかけている。

オーストラリア北西部沖合に位置するIchthys LNGとその巨大インフラは、世界の石油・ガスプロジェクトの上位1%に入るものである。本プロジェクトの第一建設段階は、2012年から2017年にかけて、AAI(サンコープグループ)AIG、Allianz、XL(現AXAグループ)、Chubb、HDI Global、Helvetia、Munich Re(子会社Great Lakes Insuranceを通じて)、SCOR、Sompo、スイス・リー、東京海上、ZurichおよびロンドンのロイズシンジケートAM Trust, Beazley, Canopius, Navigators Underwriting Agency and Talbotという5社が保険をかけている。

本プロジェクトの開発者であるInpexとTotalEnergiesは、現在、少なくとも2060年までガスを抽出するための拡張フェーズを計画しており、新たに12基のガス井を建設する予定である。拡張により、プロジェクトの総排出量は590 MtCO2に達する可能性があり、これは現在のオーストラリアの年間CO2排出量全体に近い値である。

国際エネルギー機関(IEA)の専門家は、1.5℃のパスウェイでは新たなガス生産プロジェクトは必要ないことを明確に示した。建設段階に関与した保険会社のうち12社は、その後Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)に参加し、2050年までに自社の保険ポートフォリオでネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束しており、IEAの最新の結論に沿って実際に行動を起こす必要がる。

【参照ページ】
(原文)Will major insurers rule out support for Ichthys LNG’s expansion?
(日本語訳)Reclaim Finance、保険大手にLNG開発「Ichthys LNG」への保険引受更新拒否を要求

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る