COP28、「気候と健康宣言」に120カ国以上が賛同

12月2日、COP28議長国は、世界保健機関(WHO)と共同で、増大する気候の影響から人々の健康を守るための行動を加速させるため、新たに「気候・健康に関するCOP28 UAE宣言」を発表した。この宣言は、COP28開幕のために世界の指導者が集まった世界気候行動サミットで発表された。

123カ国が署名した本宣言は、COPで初めて開催される「保健の日」の1日前に発表された。大気汚染による年間死亡者数が約900万人に達し、毎年1億8900万人が異常気象にさらされているなかで、猛暑・大気汚染・感染症など気候に関連する健康への影響に対処するため、政府が地域社会を保護し、医療システムを準備する必要性を認める世界初の出来事である。

本宣言は、気候変動と保健の結びつきにおける様々な行動分野を網羅しており、気候変動に強い保健システムの構築、排出削減と気候変動対策による保健上の利益を最大化するための分野横断的な協力の強化、気候変動と保健の解決に向けた資金の増加などが含まれる。また署名国は、今後のCOPを含め、各国の気候変動計画に保健衛生の目標を盛り込み、気候変動による健康リスクに対処するための国際協力を強化することを約束した。

また、宣言の成功には資金が重要な原動力となることも認識されている。そのため、COP28議長国は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、緑の気候基金、ロックフェラー財団、世界保健機関(WHO)とともに、気候変動と保健のための資金を強化し、新たな追加資金を動員し、変革的プロジェクトや新しいマルチセクター・アプローチによるイノベーションを促進するための10原則を発表した。この「気候・保健ソリューションへの資金提供のための指導原則」 は、40を超える資金提供パートナーおよび市民社会組織の賛同を得ている。

また、政府、開発銀行、多国間機関、慈善団体、NGOを含む幅広いステークホルダーは投資の拡大を歓迎し、合計で10億米ドル(約1,500億円)を拠出することを約束した。

【参照ページ】
(原文)Over 120 countries back COP28 UAE Climate and Health Declaration delivering breakthrough moment for health in climate talks
(日本語参考訳)COP28、「気候と健康宣言」に120カ国以上が賛同

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る