FfB、投資家向けに自然関連目標設定フレームワークを発表

11月30日、 ファイナンス財団(FfB)は、運用会社およびアセットオーナー向けに、生物多様性に関する目標設定フレームワークのベータ版を発表した。本フレームワークは、上場株式と社債を対象としており、将来的には他のアセットクラスにも拡大される予定である。

FfBは、国連生物多様性条約第15回締約国会議(CBD COP15)で採択された昆明-モントリオール生物多様性枠組に即して、2030年までに生物多様性の損失を抑止・再生させるための目標設定を支援することを目的としている。同フレームワークは、FfB加盟の44団体との協力によって開発され、投資家が目標を設定し、資金フローを誘導するための共通理解と共通言語の構築を目指している。

フレームワークには以下の4つのターゲットが設定されている。

  1. 開始目標(体制目標):2026年までに、アセットマネジャーおよびアセットオーナーは、自然関連インパクト、依存関係、リスク、機会の重要性を理解し、それに対するエクスポージャーを分析する。
  2. セクター目標:2030年までに、上場株式および社債において、各セクターの生物多様性の損失に最も影響を与える直接的要因を削減するための緩和アクションに焦点を当てる。
  3. エンゲージメント目標:セクター目標を補完し、発行体へのエンゲージメント、スチュワードシップ、議決権行使に関する目標を設定します。将来的には政策やアドボカシー目標も含まれる予定である。
  4. ポートフォリオ・カバレッジ目標:セクター目標をポートフォリオ・レベルに変換し、投資家の貢献をモニタリングし、外部ステークホルダーに報告可能にする。

FfBは2024年に完全版を完成させ、具体的な目標を掲載する予定であり、2024年後半以降には対象アセットクラスを拡大し、ポジティブ・インパクト・ターゲットも含めていく方針である。また、科学的根拠に基づく目標ネットワーク(SBTN)や国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)との協働も進められる。

【参照ページ】
(原文)FFB FOUNDATION LAUNCHED THE NATURE TARGET SETTING FRAMEWORK FOR ASSET MANAGERS AND ASSET OWNERS
(日本語参考訳)ffb財団、アセットマネージャーとアセットオーナーのための自然目標設定フレームワークを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る