Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光発電事業の開始を発表した。

今回の風力・太陽光発電プロジェクトには、米国の複数の州にまたがる1GW以上の実用規模の太陽光発電プロジェクト、フィンランドでの4つの風力発電プロジェクト、そしてイタリア、スペイン、北アイルランドでの追加プロジェクトが含まれる。

これらのプロジェクトは、2040年までにゼロエミッションを達成し、2030年の目標を5年前倒しして2025年までに企業活動の100%を再生可能エネルギーで賄うことを含む、Amazonのサステナビリティ目標の達成に貢献する。

今回の発表により、Amazonがコミットしている再生可能エネルギーの生産能力は、全世界の274のプロジェクトで1,200万kW以上となり、今年だけで560万kWが追加された。

これらのプロジェクトで生産されるクリーンエネルギーは、年間約1,370万トンの排出を回避し、Amazonのオフィス、フルフィルメントセンター、アマゾンウェブサービスのデータセンターにエネルギーを供給。これは、米国の自動車約300万台の年間排出量に相当する。

【参照ページ】
(原文)As the world’s largest corporate buyer of renewable energy, Amazon now has 274 projects globally—enough to power more than 3 million U.S. homes.
(日本語訳)アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る