WTW、気候診断ツールでTCFD報告を開始

WTW社、気候診断ツールでTCFD報告を開始

6月6日、グローバルなアドバイザリー・ブローキング・ソリューション企業であるWTWは、気候シナリオ・モデリング・ツール「Climate Diagnostic」に、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)報告機能を追加した。

昨年発表されたClimate Diagnosticは、企業が行う気候関連開示の要件チェックや、気候変動に対する戦略的対応への支援を目的としている。本ツールは、データと分析を用いて、気候シナリオと時間軸の組み合わせのもと、異常気象、洪水、海面上昇、熱ストレスなどの急性災害や慢性ストレス要因の潜在的変化の影響を実証する。

TCFDは、投資家などのステークホルダーが企業の気候関連財務リスクを評価できるよう、企業に対する一貫した開示基準を策定することを目的に2015年に金融安定理事会によって設立された。TCFDの提言は、英国の報告義務化規則やSECの気候報告提案など、複数の主要な規制によるサステナビリティ開示制度に活用されている。

【関連記事】TCFD、金融セクター向けガイダンスを公表

【参照ページ】
(原文)WTW launches instantaneous TCFD reporting with Climate Diagnostic tool
(日本語訳)Climate DiagnosticツールでTCFDの即時報告を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る