WTW、気候診断ツールでTCFD報告を開始

WTW社、気候診断ツールでTCFD報告を開始

6月6日、グローバルなアドバイザリー・ブローキング・ソリューション企業であるWTWは、気候シナリオ・モデリング・ツール「Climate Diagnostic」に、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)報告機能を追加した。

昨年発表されたClimate Diagnosticは、企業が行う気候関連開示の要件チェックや、気候変動に対する戦略的対応への支援を目的としている。本ツールは、データと分析を用いて、気候シナリオと時間軸の組み合わせのもと、異常気象、洪水、海面上昇、熱ストレスなどの急性災害や慢性ストレス要因の潜在的変化の影響を実証する。

TCFDは、投資家などのステークホルダーが企業の気候関連財務リスクを評価できるよう、企業に対する一貫した開示基準を策定することを目的に2015年に金融安定理事会によって設立された。TCFDの提言は、英国の報告義務化規則やSECの気候報告提案など、複数の主要な規制によるサステナビリティ開示制度に活用されている。

【関連記事】TCFD、金融セクター向けガイダンスを公表

【参照ページ】
(原文)WTW launches instantaneous TCFD reporting with Climate Diagnostic tool
(日本語訳)Climate DiagnosticツールでTCFDの即時報告を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る