ベルテルスマン財団とSDSN、「SDR 2023」を発表

6月21日、独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「Sustainable Development Report (SDR) 2023」を公開した。SDRは、2015年に193の国連加盟国によって採択されて以来、SDGsに関する進捗状況を毎年レビューしている。

2030年への中間地点にある本報告書は、これまでの進捗状況を把握し、SDGsの進捗を回復・加速させるための優先事項について論じている。新たなグローバル金融協定のための2023年パリ・サミットの前夜に発行された2023版は、SDGsを支援するために開発資金を拡大し、グローバルな金融アーキテクチャーを改革する必要性に特に焦点を当てた内容。

分析対象となった166カ国のランキングは以下の通り。

  1. フィンランド(86.76)
  2. スウェーデン(85.98)
  3. デンマーク(85.68)
  4. ドイツ(83.36)
  5. オーストリア(82.28)
  6. フランス(81.05)
  7. ノルウェー(82.00)
  8. チェコ(81.87)
  9. ポーランド(81.80)
  10. エストニア(81.68)
  11. 英国(81.65)
  12. クロアチア(81.50)
  13. スロベニア(81.01)
  14. ラトビア(80.68)
  15. スイス(80.54)
  16. スペイン(80.43)
  17. アイルランド(80.15)
  18. ポルトガル(80.02)
  19. ベルギー(79.46)
  20. オランダ(79.42)

日本の順位は22位。18位(2016年)、11位(2017年)、15位(2018年)、15位(2019年)、17位(2020年)、18位(2021年)、19位(2022年)に続く下落となった。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Development Report 2023
(日本語訳)ベルテルスマン財団とSDSN、「SDR 2023」を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る