CDP、2021年版グローバルサプライチェーンレポートを発表

2月10日、気候変動情報の開示を推進する国際NGOのCDPは、サプライチェーンプログラムの2021年版レポート「グローバルサプライチェーンレポート」を発表した。本レポートは、従来のCDPの3つのプログラムである気候変動、水、森林のサプライチェーン視点からの改善を目的としている。

2021年度のCDPサプライチェーンプログラムの参加企業数は207社となり、2020年度の154社から大幅に増加した。購入総額は約5.5兆米ドル(約630兆円)、サプライヤー総数は23,000社を超えた。このうち11,457社以上が今回、CDPの調査に回答している。

プレミアムメンバーやプログラム自体のリーダーには、日本たばこ産業(JT)の子会社であるJTインターナショナルを除き、日本企業は存在しない。

参加企業は、サプライヤーに対して気候変動や水などの環境リスクの開示を求め、気候変動対策に強いサプライチェーンの構築を目指している。参加企業および参加企業から推薦されたサプライヤーは、毎年、気候変動、水、森林に関するアンケートに回答し、CDPに情報を開示することが義務づけられている。

今年の気候変動に関するアンケートには、49%のサプライヤーから回答があった。同様に、水に関するアンケートには62%、森林に関するアンケートでは67%のサプライヤーから回答があった。またスコープ1の算出企業は71%、スコープ2は55%にとどまり、サプライヤーレベルでの情報開示の遅れは引き続き課題となっている。
 

【参照ページ】
(原文)10-year lag on climate action forecast with half of supply chain companies still failing to set targets
(日本語訳)CDP、2021年版グローバルサプライチェーンレポートを発表
 

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る