英国、ノンアルコール・低アルコールビールの需要が急増

3月1日、小売大手Tescoは、英国でノンアルコールビールの需要が急増していることを明らかにした。

Tescoでは、「Lucky Saint」「Athletic Brewing」「Days 0%」などの専用ブランドの導入により、ノンアルコールビールの需要が過去2年間で約40%も急増した。また、クリスマス週のノンアルコール・低アルコールビールの需要は過去最高を記録し、売上が前年比43%増となった。

スーパーマーケットによると、低アルコールビールの愛飲者の間では、品質への信頼感から、缶やボトルではなく、より大きなサイズのパックを購入するという新しい買い物パターンが生まれていると指摘した。

Tescoの販売データは、小売消費者調査の専門家であるKAMが、カテゴリーリーダーのLucky Saintと共同でまとめた「2022 No and Low Insight Report」の結果を裏付けている。

本レポートでは、英国の成人の55%が、2023年にアルコール摂取量を控えめにする予定であることが判明。また、アルコールフリーカテゴリーの認知度は2020年の86%から2022年には95%へ上昇し、過去最高を記録した。パブ訪問の3人に1人がアルコールフリーを選択していることも報告されている。さらに、アルコールフリーの消費は「自宅での」機会が牽引しており、英国の成人の37%が週に1回以上、自宅でアルコールフリーを飲んでいるという結果も明らかにされた。

同ブランドは、アルコールフリーの飲用者の飲用体験を向上させることを使命としており、まずラガーで、そして今回、ロンドンのパブ「The Lucky Saint」を立ち上げ、アルコールフリー飲料とアルコール飲料双方の選択肢を提唱している。

【参照ページ】
(原文)No and low alcohol brews are now UK’s fastest growing beer varieties
(日本語訳)英国、ノンアルコール・低アルコールビールの需要が急増

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る