英国、ノンアルコール・低アルコールビールの需要が急増

3月1日、小売大手Tescoは、英国でノンアルコールビールの需要が急増していることを明らかにした。

Tescoでは、「Lucky Saint」「Athletic Brewing」「Days 0%」などの専用ブランドの導入により、ノンアルコールビールの需要が過去2年間で約40%も急増した。また、クリスマス週のノンアルコール・低アルコールビールの需要は過去最高を記録し、売上が前年比43%増となった。

スーパーマーケットによると、低アルコールビールの愛飲者の間では、品質への信頼感から、缶やボトルではなく、より大きなサイズのパックを購入するという新しい買い物パターンが生まれていると指摘した。

Tescoの販売データは、小売消費者調査の専門家であるKAMが、カテゴリーリーダーのLucky Saintと共同でまとめた「2022 No and Low Insight Report」の結果を裏付けている。

本レポートでは、英国の成人の55%が、2023年にアルコール摂取量を控えめにする予定であることが判明。また、アルコールフリーカテゴリーの認知度は2020年の86%から2022年には95%へ上昇し、過去最高を記録した。パブ訪問の3人に1人がアルコールフリーを選択していることも報告されている。さらに、アルコールフリーの消費は「自宅での」機会が牽引しており、英国の成人の37%が週に1回以上、自宅でアルコールフリーを飲んでいるという結果も明らかにされた。

同ブランドは、アルコールフリーの飲用者の飲用体験を向上させることを使命としており、まずラガーで、そして今回、ロンドンのパブ「The Lucky Saint」を立ち上げ、アルコールフリー飲料とアルコール飲料双方の選択肢を提唱している。

【参照ページ】
(原文)No and low alcohol brews are now UK’s fastest growing beer varieties
(日本語訳)英国、ノンアルコール・低アルコールビールの需要が急増

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る