ファーストリテイリング、バングラデシュの女性労働者の地位向上を目指し、新たな目標を設定

3月8日、ファーストリテイリングは、バングラデシュにおける「女性エンパワーメントプログラム」の新たな目標を発表した。本目標は、世界のアパレル業界における女性のエンパワーメントを支援することを目指す、ファーストリテイリングによる継続的な取り組みの一環である。

新たな目標は、バングラデシュの8つのパートナー縫製工場で2025年末までに達成される予定となっており、以下の3つが含まれている。

  • 1,500人の女性労働者がスーパーバイザーになるためのトレーニングを受講
  • 監督・管理職に占める女性比率が平均30%以上
  • 育児施設やサービス、身体的および精神的な健康サポート、安全な職場への送迎などの環境整備

ファーストリテイリングは、より多くの女性が職場のリーダーになることを目指し、UN Womenの支援を受けて、2019年にバングラデシュで「女性エンパワーメントプログラム」を開始した。本プログラムでは、スーパーバイザーを目指す女性労働者を対象に、高度なリーダーシップ及びテクニカルスキルのトレーニングセッションの提供に重点を置いてきた。2022年度末までに、本プログラムに参加した工場の女性労働者163名(研修生の51%)が、本プログラムを通じて管理職に昇格している。

2023年、ファーストリテイリングは、このプログラムの効果を拡大・深化させることを目指す。より多くの労働者が参加できるようにトレーニングの回数を増やすことに加え、女性労働者が職場で活躍し、安心して働ける環境を強化することをプログラムの新たな焦点としている。活動には、保育施設やサービスの導入支援、女性労働者がより良い身体的・精神的ウェルビーイングサポートを利用するための課題と機会の理解、女性従業員の通勤におけるリスクの見直しと対処が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Fast Retailing Sets New Targets to Empower Female Workers in Bangladesh
(日本語訳)ファーストリテイリング、バングラデシュの取引先縫製工場における女性従業員エンパワーメントの目標を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る