Workiva、CDPディスクロージャーをESGレポーティングソリューションに統合

Workiva、CDPディスクロージャーをESGレポーティングソリューションに統合

4月26日、ビジネスデータおよびレポーティングソリューションプロバイダのWorkivaは、CDP環境開示システムをWorkivaビジネスレポーティングプラットフォームに統合し、ESGレポーティングソリューションの一部として、企業がCDPアンケートへの回答を合理化・簡素化することを目的とした動きを発表した。

CDPは、グローバルな環境情報開示システムを運営しており、投資家やその他のステークホルダーは同システムを通じて、気候変動、森林破壊、水の安全保障などの主要な環境サステナビリティにおける組織のパフォーマンスを測定・追跡できる。2022年には、18,700社以上の企業がCDPを通じて環境データを開示し、前年比40%以上増加した。

Workivaは、クラウドベースの報告・コンプライアンスプラットフォーム「Workiva Platform」上で2021年にESG報告ソリューションを発表した。Workivaによると、この統合は、同社のESGデータおよびプログラム管理ハブであるESG Programと、ユーザーが報告フレームワークを閲覧して関連する開示を特定できるように設計されたツールであるESG Explorerを活用して、CDPアンケートへの回答にかかる時間と複雑なプロセスを簡略化することを目的としている。

【参照ページ】
(原文)Workiva Strengthens its Business Reporting Platform by Integrating with CDP to Advance Customers’ ESG Programs
(日本語参考訳)Workiva、CDPとの統合によりビジネスレポーティングプラットフォームを強化し、顧客のESGプログラムを推進

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る