クリーンテック新興企業Energy Dome、約66億円を調達

エネルギー貯蔵ソリューション「CO2バッテリー」の規模拡大に向け、クリーンテック新興企業Energy Domeが約66億円を調達

4月27日、エネルギー貯蔵のスタートアップであるEnergy Domeは、4,000万ユーロ(約60億円)を調達したことを発表した。同社は、同社の実用規模の貯蔵ソリューションである「CO2 バッテリー」のグローバル商業化の規模拡大と、特に米国を中心とした新市場での展開を目指している。

2019年に設立されたイタリア・ミラノに本社を置くEnergy Domeは、熱力学的プロセスを利用して常温でCO2をエネルギー貯蔵液として使用し、CO2が温まって膨張しタービンを回して発電することでエネルギーを供給し、必要に応じてグリッドに発送する「CO2バッテリー」を用いて、太陽光や風力発電を発送可能にして再生エネルギーの使用拡大を可能にする。

同社はすでに、米国、欧州、南米、インド、オーストラリアなどの市場で、複数の電力会社、独立系電力会社、企業顧客と提携しており、9GWh以上のパイプラインを有している。

Energy Domeによると、今回の資金調達ラウンドは、技術のさらなる商業化を可能にし、主要市場におけるチームの拡大を支援するものである。特に、インフレ削減法の公共施設規模のエネルギー貯蔵に対する投資税額控除から生じる機会に対処するために、米国での成長を目指している。

シリーズBの資金調達ラウンドは、エネルギー企業Eni’sのベンチャーキャピタル部門であるEni Nextと銀行グループIntesa SanpaoloのベンチャーキャピタルであるNeva SGRが共同で主導し、2022年6月に完了した1100万ドル(約16億円)の転換資金調達ラウンドに続くものであった。

【参照ページ】
(原文)Energy Dome Closes 40 Million Euro Series B Financing Round
(日本語参考訳)Energy Dome、4,000万ユーロのシリーズB資金調達ラウンドを完了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る