カリフォルニア州教職員退職年金基金、ブラック・インパクト・ファンドに約57億円を投資

CalSTRS、ブラック・インパクト・ファンドに5,000万ドルを投資

3月1日、マイノリティ主導の不動産ファンドであるSoLa Impactは、新たなインパクト不動産ファンドであるブラック・インパクト・ファンドを立ち上げ、カリフォルニア州教職員退職年金制度(CalSTRS)からの5,000万ドル(約57億円)の出資を発表した。同ファンドはセカンド・クローズを終え、投資総額は2億5,000万ドル(約287億円)を上回った。

SoLaの社会的インパクト不動産ファンドは、ダブルボトムライン戦略を採用しており、低所得者層向けの高品質な住宅の保全・リフレッシュ・創出に重点を置いている。ブラック・インパクト・ファンドは、主要都市にある黒人や褐色人種のコミュニティーに投資する不動産ファンドファミリーである。本ファンドは、カリフォルニア州の都市部において、手頃な価格の住宅や労働力のための住宅、関連する社会的インパクト戦略に10億ドル以上を投資するSoLaのイニシアティブの一部を担っている。

今回の投資は、CalSTRSとBelay Investment Groupの合弁会社を通じて行われ、CalSTRSのSustainable Investment & Stewardship Strategies(SISS)部門から行われる初の不動産投資となる。

このファンドの他の投資家には、PayPal Holdings、Equitable Insurance、Skoll Foundation、Ally Bank、Potenza Capital、Pacific Premier Bank、Adirondack Capitalが含まれている。同ファンドは、目標額の3億ドル(約345億円)に達した時点で、正式にクローズする予定だという。

【参照ページ】
(参考記事)Pension puts $50M in SoLa’s Black Impact Fund
(日本語訳)年金基金がSoLaのブラックインパクトファンドに5,000万ドルを投入

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る