カリフォルニア州教職員退職年金基金、ブラック・インパクト・ファンドに約57億円を投資

CalSTRS、ブラック・インパクト・ファンドに5,000万ドルを投資

3月1日、マイノリティ主導の不動産ファンドであるSoLa Impactは、新たなインパクト不動産ファンドであるブラック・インパクト・ファンドを立ち上げ、カリフォルニア州教職員退職年金制度(CalSTRS)からの5,000万ドル(約57億円)の出資を発表した。同ファンドはセカンド・クローズを終え、投資総額は2億5,000万ドル(約287億円)を上回った。

SoLaの社会的インパクト不動産ファンドは、ダブルボトムライン戦略を採用しており、低所得者層向けの高品質な住宅の保全・リフレッシュ・創出に重点を置いている。ブラック・インパクト・ファンドは、主要都市にある黒人や褐色人種のコミュニティーに投資する不動産ファンドファミリーである。本ファンドは、カリフォルニア州の都市部において、手頃な価格の住宅や労働力のための住宅、関連する社会的インパクト戦略に10億ドル以上を投資するSoLaのイニシアティブの一部を担っている。

今回の投資は、CalSTRSとBelay Investment Groupの合弁会社を通じて行われ、CalSTRSのSustainable Investment & Stewardship Strategies(SISS)部門から行われる初の不動産投資となる。

このファンドの他の投資家には、PayPal Holdings、Equitable Insurance、Skoll Foundation、Ally Bank、Potenza Capital、Pacific Premier Bank、Adirondack Capitalが含まれている。同ファンドは、目標額の3億ドル(約345億円)に達した時点で、正式にクローズする予定だという。

【参照ページ】
(参考記事)Pension puts $50M in SoLa’s Black Impact Fund
(日本語訳)年金基金がSoLaのブラックインパクトファンドに5,000万ドルを投入

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る