Stellantis、新たなサステナビリティ目標を発表。2030年までにEVの年間販売台数500万台を目指す

Stellantis社、2025年までにEVの年間販売台数500万台を目指す

3月1日、多国籍自動車製造会社であるStellantis社は、新しい戦略計画「Dare Forward 2030」を発表した。本計画では、同社の車両の電化を大幅に推進し、2038年までにカーボンネットゼロを達成するなど、さまざまなサステナビリティ目標を掲げている。

新戦略計画の重要な柱のひとつは、同社の提供する車両を大幅なEV転換だ。Stellantis社は、2030年までのバッテリー式電気自動車(BEV)の年間販売台数目標を500万台とし、欧州では100%、米国では50%のBEV販売構成にすると発表。また2023年初頭に発売するジープブランド初のバッテリー式100%のSUVも公開した。さらに、同社はEV用バッテリー容量の目標を2030年に260GWhから400GWhに引き上げた(米国で150GWh、欧州で250GWh)。

同社の新たなサステナビリティ目標には、2030年までのCO2排出量の50%削減、スコープ1と2の絶対排出量の75%削減、スコープ3の強度排出量の50%削減が含まれており、2038年までのネット・ゼロを計画している。また、部品修理・部品再利用・車両再生・バッテリー再生・リサイクルを含む20億ユーロ(約2,560億円)のサーキュラー・エコノミーによる収益機会を挙げている。

またStellantis社のダイバーシティ目標には、2035年までに指導的地位の35%を女性が占めるようにすること、今年から人事プロセスの100%を会社のD&Iポリシーと一致させることが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Electric Jeep and Ram 1500 BEV teased in Stellantis’s ‘Dare Forward 2030’ strategy to become carbon neutral by 2038
(日本語訳)2038年にカーボンニュートラルを目指すStellantisの戦略「Dare Forward 2030」で、電気自動車JeepとRam 1500 BEVを予告

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る