TIAA資産運用部門のNuveen、「2022 Proxy Season Preview」を発表 

 

3月9日、世界最大級の年金運用機関である米国教職員退職年金/保険組合(TIAA)の資産運用部門Nuveenは今年の投資家のアジェンダを推進すると予想される一連の主要トレンドを強調した 「2022 Proxy Season Preview」を発表した。 Nuveenは 、ESGの説明責任に関する新たな取り組みに加え、SECにおける代理人関連規則の変更に伴い、ESGに焦点を当てた株主提案の数が増加し、それらの提案には戦略や現実の成果・影響への期待に関するより明確な具体性が含まれると予想している。

Nuveenは投資家が注目する主な説明責任には、方針・事業戦略・監督体制・ESG課題に沿ったインセンティブ報酬、関連するKPIを伴う明確なESG関連コミットメントの設定などが含まれると報告した。

プレビューレポートでは、投資家がESGを投資やスチュワードシップのプロセスに統合し続ける中、E&Sパフォーマンスとより密接に連携するために、取締役選挙のトレンドに焦点が移る可能性もあると述べている。

Nuveenは、過去数年にわたる投資家によるESGの透明性の追求の成功や、投資家自身のESGへのコミットメントの急増など、こうした傾向を促す一連の主要因を強調している。

【参照ページ】
Coming to terms with a maturing ESG landscape

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る