Moody’s、ポートフォリオ・マネージャー向けの新たなESGプラットフォームを発表

4月26日、ムーディーズのESGソリューションは、ポートフォリオ・マネージャーがポートフォリオの分析、対象企業の選別、リスクの管理と軽減、ESGリサーチの実施、報告義務の達成のために、公開・非公開企業の気候変動とESGに関するデータと洞察の提供を目的とした新しいプラットフォーム「ムーディーズのESG360™」を発表した。

今回の新プラットフォームは、世界の大企業1万社を対象にしたムーディーズの物理的・移行的気候リスクデータセットへのアクセスを提供するもので、特定の物理的リスクハザードに対する企業のエクスポージャー、カーボンフットプリント、温度アライメント、ブラウンシェアとグリーンシェアデータ、論争に関するデータなどの情報を含んでいる。

ムーディーズのESG360™の主な機能としては、ムーディーズのESGユニバース全体にわたる企業の検索、ポートフォリオと企業レベルでのスクリーニングと分析のためのポートフォリオのアップロード、テーマ、セクター、地域にわたるESGリーダーおよびラガードの特定、企業の指標、スコア、論争のリアルタイム分析の実行、レポート用のデータおよびチャートの出力が挙げられる。また、本プラットフォームでは、データポイントに明確なラベルを付けることで、ユーザーはデータの出所を追跡し、業界標準との関連性を理解することができる。

また、ムーディーズは、新たな企業向けエンゲージメント・プラットフォームであるムーディーズESG360™コネクトを立ち上げ、企業がサステナビリティ開示に関してムーディーズと連携し、ESGデータの正確な表示を確保できるようにすると発表した。

【参照ページ】 
(原文)Moody’s ESG360Clarity at your fingertips
(日本語訳)ムーディーズESG360 あなたの指先での明瞭さ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る