Moody’s、ポートフォリオ・マネージャー向けの新たなESGプラットフォームを発表

4月26日、ムーディーズのESGソリューションは、ポートフォリオ・マネージャーがポートフォリオの分析、対象企業の選別、リスクの管理と軽減、ESGリサーチの実施、報告義務の達成のために、公開・非公開企業の気候変動とESGに関するデータと洞察の提供を目的とした新しいプラットフォーム「ムーディーズのESG360™」を発表した。

今回の新プラットフォームは、世界の大企業1万社を対象にしたムーディーズの物理的・移行的気候リスクデータセットへのアクセスを提供するもので、特定の物理的リスクハザードに対する企業のエクスポージャー、カーボンフットプリント、温度アライメント、ブラウンシェアとグリーンシェアデータ、論争に関するデータなどの情報を含んでいる。

ムーディーズのESG360™の主な機能としては、ムーディーズのESGユニバース全体にわたる企業の検索、ポートフォリオと企業レベルでのスクリーニングと分析のためのポートフォリオのアップロード、テーマ、セクター、地域にわたるESGリーダーおよびラガードの特定、企業の指標、スコア、論争のリアルタイム分析の実行、レポート用のデータおよびチャートの出力が挙げられる。また、本プラットフォームでは、データポイントに明確なラベルを付けることで、ユーザーはデータの出所を追跡し、業界標準との関連性を理解することができる。

また、ムーディーズは、新たな企業向けエンゲージメント・プラットフォームであるムーディーズESG360™コネクトを立ち上げ、企業がサステナビリティ開示に関してムーディーズと連携し、ESGデータの正確な表示を確保できるようにすると発表した。

【参照ページ】 
(原文)Moody’s ESG360Clarity at your fingertips
(日本語訳)ムーディーズESG360 あなたの指先での明瞭さ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る