Moody’s、ポートフォリオ・マネージャー向けの新たなESGプラットフォームを発表

4月26日、ムーディーズのESGソリューションは、ポートフォリオ・マネージャーがポートフォリオの分析、対象企業の選別、リスクの管理と軽減、ESGリサーチの実施、報告義務の達成のために、公開・非公開企業の気候変動とESGに関するデータと洞察の提供を目的とした新しいプラットフォーム「ムーディーズのESG360™」を発表した。

今回の新プラットフォームは、世界の大企業1万社を対象にしたムーディーズの物理的・移行的気候リスクデータセットへのアクセスを提供するもので、特定の物理的リスクハザードに対する企業のエクスポージャー、カーボンフットプリント、温度アライメント、ブラウンシェアとグリーンシェアデータ、論争に関するデータなどの情報を含んでいる。

ムーディーズのESG360™の主な機能としては、ムーディーズのESGユニバース全体にわたる企業の検索、ポートフォリオと企業レベルでのスクリーニングと分析のためのポートフォリオのアップロード、テーマ、セクター、地域にわたるESGリーダーおよびラガードの特定、企業の指標、スコア、論争のリアルタイム分析の実行、レポート用のデータおよびチャートの出力が挙げられる。また、本プラットフォームでは、データポイントに明確なラベルを付けることで、ユーザーはデータの出所を追跡し、業界標準との関連性を理解することができる。

また、ムーディーズは、新たな企業向けエンゲージメント・プラットフォームであるムーディーズESG360™コネクトを立ち上げ、企業がサステナビリティ開示に関してムーディーズと連携し、ESGデータの正確な表示を確保できるようにすると発表した。

【参照ページ】 
(原文)Moody’s ESG360Clarity at your fingertips
(日本語訳)ムーディーズESG360 あなたの指先での明瞭さ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る