VodafoneとCDPが提携し、サプライヤーの持続可能な取り組みにインセンティブを与える

VodafoneとCDPが提携し、サプライヤーの持続可能な取り組みにインセンティブを与えることを支援

4月10日、Vodafone・group PLCは、環境NPOのCDPと協力し、サプライヤーに二酸化炭素排出量の削減を促すフレームワークを開発したと発表した。

本フレームワークは、CDPが毎年行っている環境パフォーマンス調査から、特にサプライチェーンにおける温室効果ガス排出量に関連する12の基準から構成されている。Vodafoneによると、本フレームワークは、環境に関連した新しいサプライチェーンファイナンスプログラムの基礎として使用される予定。

Vodafoneのサプライヤーは、サプライチェーンファイナンスのプロバイダーと環境パフォーマンスのスコアを共有し、ランキングに基づいた優遇融資を受ける機会を得ることができる。

Vodafoneは、サプライチェーンファイナンスの優遇レートにより、サプライヤーが環境パフォーマンスに関するデータを提出し、二酸化炭素排出量を全体的に削減し、スコープ3排出量の目標に貢献すると述べた。

【参照ページ】
(原文)CDP and Vodafone join forces to incentivise supplier sustainability
(日本語訳)CDPとボーダフォンが協力し、サプライヤーの持続可能性にインセンティブを与える

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る