KPMG、Context Labsと提携し、気候変動に関する測定・報告ソリューションを提供開始

KPMG、Context Labsと提携し、気候変動に関する測定・報告ソリューションを提供開始

4月26日、プロフェッショナルサービス企業のKPMG LLPとエンタープライズデータテクノロジー企業のContext Labsは、機械学習、AI、分散型台帳技術によって実現される高度な気候データおよび分析を用いて、企業が環境フットプリントを測定し削減することを支援することを目的とした新しい提携開始を発表した。

2016年に設立されたContext Labsは、衛星画像から企業システムまで幅広いソースからデータを収集し、コンテキスト駆動型のインサイトを提供することを可能にする、エンタープライズデータファブリックプラットフォーム「Immutably」に基づく技術ファミリーを提供している。同社は昨年、エネルギー分野の脱炭素化を測定・監視するブロックチェーンベースのプラットフォームの立ち上げのために、BP Energy Partnersが主導する資金調達で2800万ドル(約37億円)を調達し、このラウンドにはKPMGが戦略投資家として参加している。

両社によると、本提携は、KPMGが持つ市場セクターを超えた顧客向けの環境モニタリング、分析、報告に関する能力とContext Labsの技術を組み合わせ、環境負荷の低減、脱炭素化への取り組みの分析、投資家や規制当局、その他のステークホルダーからの透明で追跡可能なデータの提供に取り組む企業をサポートする。

【参照ページ】
(原文)KPMG and Context Labs Join Forces to Advance Climate Disclosure
(日本語訳)KPMG、Context Labsと提携し、気候変動に関する測定・報告ソリューションを提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る