BNPパリバ、新たな気候インパクト・インフラストラクチャー・デット・ファンドを設定

BNPパリバが新たな気候インパクト・インフラストラクチャー・デット・ファンドを設定

12月13日、パリを拠点とするグローバル銀行BNPパリバは、気候変動緩和のための資金調達と欧州大陸のエネルギー転換プロジェクトの支援を目的とした新しいファンド、BNPパリバ・クライメート・インパクト・インフラストラクチャー・デットの立ち上げを発表した。

同ファンドは、BNPパリバの保険事業部門であるBNPパリバ・カルディフからのシード・コミットメントを含め、機関投資家から5億~7億5,000万ユーロ(約771億円~約1,156億円)の出資を目標としている。

新しいイニシアティブは、BNPパリバ・アセット・マネジメント(BNPP AM)、BNPパリバ・コーポレート&インスティテューショナル・バンキング(CIB)、BNPパリバ・カルディフとの緊密な協力の下に立ち上げられるもので、エネルギー転換や気候変動緩和に関わるプロジェクトや企業に資金調達ソリューションを提供するための補完的な専門知識を提供する。本ファンドはBNPP AMのプライベート・アセット部門が運用し、BNPパリバCIBの低炭素移行グループが低炭素資産に関するアドバイスやオリジネーションに関する能力を提供する。

EUのSFDR規制の第9条に分類され、投資適格のプロファイルを持つ新ファンドは、欧州大陸諸国への投資を目指し、バッテリー、水素、炭素回収などの新分野を含む、再生可能エネルギー、クリーンモビリティ、循環経済に焦点を当てたエネルギー転換プロジェクトを支援する。BNPパリバは、低炭素エネルギー生産会社、グリーン・ソースの地域暖房プラットフォーム、陸上風力発電所のポートフォリオを含む3件の投資案件がすでに決定していると述べた。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas launches the Climate Impact Infrastructure Debt fund
(日本語参考訳)BNPパリバが新たな気候インパクト・インフラストラクチャー・デット・ファンドを設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る