Honeywell、CO2をSAFに変換する技術を提供開始

Honeywell、CO2を持続可能な航空燃料に変換する技術を提供開始

5月10日、産業用製品、ソリューション、テクノロジー企業のHoneywellは、回収したCO2から持続可能な航空燃料(SAF)を大規模に製造することを目的とした新しい処理ソリューション、「UOP eFiningテクノロジー」の提供を発表した。

また、新技術の最初の顧客としてHIF Globalを発表し、本ソリューションは世界最大のeFuels SAF施設に導入されることとなった。

SAFは、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を支援する重要な手段のひとつと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造され、現在の化石ベースのジェット燃料に比べ、排出量を大幅に削減することが可能である。

航空会社が気候変動対策の重要なソリューションの一つとしてSAFを採用し、各国政府が脱炭素化を目指すためにSAFの使用を義務付け始めたことで、今後数年間でSAFの需要は劇的に増加すると予想される。例えば、先月、欧州議会とEU理事会の議員たちは、EUの空港で使用する燃料に占めるSAFの割合を2050年までに70%まで引き上げることを義務付ける新しい規則について合意した。

eFuels(電気燃料)は、再生可能エネルギーと水を使って生産されるCO2とグリーン水素を利用してeメタノールを生産し、eSAF、eGasoline、eDieselなどの燃料に変換することにより、これらの原料に関する問題を解決する。

Honeywellによると、eメタノールをeSAFに変換する新技術は、従来のジェット燃料と比較して、温室効果ガスの排出を88%削減することができる。eSAFは、航空機の技術や燃料インフラに変更を加えることなく、ドロップインの代替燃料として使用することが可能である。

HIF Globalの新施設は、同社にとって2番目のeFuels施設となる。HIFによると、同施設では、約200万トンのCO2を回収してリサイクルし、年間1億8000万ガロンのSAFを生産することが期待されている。

【参照ページ】
(原文)Honeywell Introduces UOP eFining™ Technology For New Class Of Sustainable Aviation Fuel
(日本語参考訳)Honeywell、CO2を持続可能な航空燃料に変換する技術を提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る