英国、汚染企業への罰金上限を撤廃

英国、汚染企業への罰金上限を撤廃

12月11日、英国政府は、規制当局を通じて直接罰金を科すことができる市民制裁制度であるVMP(Variable Monetary Penalties)を通じて、環境庁が環境汚染を行った企業に科すことができる罰金の上限を撤廃し、同制度の対象となる汚染犯罪の範囲を拡大したと発表した。

改正前は、VMPの罰金の上限は25万ポンド(約4,479万円)だった。今後、英国の環境・食料・農村地域省(DEFRA)は、罰則は企業規模や違反の性質に比例したものになると述べている。

DEFRAは、新たな無制限の罰則は、「水システム全体にわたり、より多くの投資、より強力な規制、より厳しい執行を確実にする」という政府の施策の一環であると付け加えた。

罰則制度の変更には、製造、発電、廃棄物処理、採掘など、環境許可証の下で規制されている活動へのVMPの拡大も含まれる。この変更は、2023年春に政府によって開始された協議に従って実施されるものである。

【参照ページ】
(原文)Unlimited financial penalties for environmental polluters
(日本語参考訳)英国、汚染企業への罰金上限を撤廃

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る