米下院、バイデンESG投資ルールの阻止を求める共和党決議を可決

バイデンESG投資ルールの阻止を求める共和党決議が米下院で可決

2月28日、米国下院は、退職金制度の受託者が気候やESG要因を考慮することを認める労働省(DOL)の新法を阻止するための法案を承認し、共和党が提出した反ESG決議案を可決する動きを加速させた。

本決議は、12月に可決され、1月30日付で発効したDOLの「プラン投資の選択と株主の権利行使における慎重さと忠実さ」規則を不承認とするためのものである。同規則は、ERISAプランのファンドマネージャーが投資プロセスにESGの考慮事項を含めること、受託者が委任状投票など株主の権利を行使する際に気候やESG要因を考慮することを認めている。

DOLの裁定は、これらのファンドにおける気候変動およびESG要因の統合を阻止しようとするトランプ政権の動きを大きく覆すものだった。2020年6月、トランプ政権のDOLは、ERISAプランにおけるESG投資に事実上厳しい制限を加える規則案を発表していた。

投資家や他のサステナビリティ重視のグループから、同提案は時代遅れで逆効果であると非難する大きな反発があったものの、同年末にDOLによって最終決定された。ESG投資家へのさらなる打撃として、DOLは委任状投票に関する規則も発表し、投資運用会社が投資を通じてサステナビリティ目標を推進する能力に影響を与え、ESG問題についての委任状投票は投資家の利益にならないことを示唆した。

2021年5月、バイデン大統領は、投資家の貯蓄や年金を気候関連リスクから守る政策を実施するよう連邦政府機関に指示し、その行政命令の一環として、労働省にトランプ時代の規則の取り消しが検討された。これにより、昨年末にDOLの規則が制定された。

本規則の阻止決議は、議会審査法を用いて行われている。議会審査法により、議会議員は規則の施行後60日以内に不承認を決議し、今後同様の規則が施行されることを防ぐ。

今回の決議案が上院で成功するかどうかはまだ不明だが、共和党は民主党のジョー・マンチン上院議員の支持を主張しており、同案が通過するのに十分な支持を得る可能性がある。

【参照ページ】
(原文)U.S. House votes to block ESG investment rule in latest culture war salvo
(日本語参考訳)バイデンESG投資ルールの阻止を求める共和党決議が米下院で可決

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る