Carlsberg Group、再生可能農業への移行に進捗

3月7日、デンマークの多国籍ビール会社であるCarlsberg Groupは、グローバルサプライチェーン全体で再生可能農業への移行を目指す目標の進捗を報告した。同社は、英国、フィンランド、フランスの3つのパイオニアブランドとともに、2040年までに100%再生可能な農法を採用するための道のりで「前進」していると述べた。

同ブランドの取り組みは、最近開始したESGプログラム「Together Towards Zero and Beyond」の中で、グループの新しい目標「ZERO Farming Footprint」の一部を構成している。

Carlsberg Groupは、2030年までに全農業原料の30%を再生可能な資源から調達し、2040年までに100%を達成することを約束した。本取り組みは、生物多様性の促進、土壌の健全性の回復、自然な二酸化炭素の吸収を支援することを目的としている。同社は、再生農業は気候変動と生物多様性の損失に対する闘いの重要な一部であると述べている。

英国では、Carlsberg Marston’s Brewing Company(CMBC)が、2027年までにCarlsberg Danish Pilsner、2031年までにすべての英国ブランドで100%再生大麦を使用することを約束している。

フィンランドでは、 Carlsberg Groupのシネブリチョフが毎年発売している「KOFFクリスマスビール」用に、パートナー農家が再生大麦を供給している。

フランスでは、Kronenbourg SASがすでに45のパートナー農家からトレーサブルな「責任ある大麦」を供給してもらっており、1664ブランドは2026年までにブロンドビールの大麦の100%にこれを使用することを約束している。

【参照ページ】
(原文)Carlsberg Group plans expanded regenerative barley usage across brands in the UK, Finland and France
(日本語参考訳)カールスバーググループ、英国、フィンランド、フランスの各ブランドで再生大麦の使用拡大を計画

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る