BainとSchneider Electric、企業の脱炭素化ソリューションの提供で提携

BainとSchneider Electric、企業の脱炭素化ソリューションの提供で提携

1月5日、世界的な経営コンサルタント会社であるBain & Companyと、持続可能性に重点を置くエネルギーおよびオートメーションのデジタルソリューションプロバイダーであるSchneider Electricは、企業のエネルギー管理と脱炭素化の取り組み支援を主眼とした、新たな戦略的パートナーシップを開始したことを発表した。

両社によると、本パートナーシップは、企業が野心的な気候変動目標を設定することが増えており、現在4,000社以上が科学的根拠に基づく炭素削減目標の達成を約束しているが、多くの企業が目標達成に向けた進捗に苦戦している一方で、投資家や規制当局から排出量や気候リスクに関する行動・報告への圧力が強まっていることを背景としている。

今回の発表は、サステナビリティ関連の機会を狙い、クライアントのESGイニシアティブを支援するBainの一連の動きの中で、最新のものとなる。2021年、Bainは、気候変動から構造的不公平や環境悪化に至るまで、さまざまな課題に取り組むクライアントと協力し、ESG機能の統合スイートである「Further」を立ち上げた。最近Bainは、サステナビリティに焦点を当てた大規模なスキルアップ・プログラムであるFurther Academyを発表し、グローバルな全コンサルタントに大学院レベルのESGトレーニングを提供することを目的としている。

新しいグローバル・パートナーシップは、両社の一連のコラボレーションに続くものである。本提携により、Bainの脱炭素化に関するアドバイザリー専門知識と、サプライチェーンの強化、パフォーマンス改善、オペレーションデリバリーなどの業界に特化した能力と、 Schneider Electricのデジタル脱炭素化ソリューションのポートフォリオやエネルギー・炭素管理、再生可能エネルギー調達、ESG、効率化の分野における2500人以上の専門家のネットワークなどの二酸化炭素削減とエネルギー使用の変革に関する経験とが融合することになる。

【参照ページ】
(原文)Bain & Company and Schneider Electric forge new strategic partnership to advance and accelerate global corporate decarbonization ambitions
(日本語参考訳)BainとSchneider Electric、企業の脱炭素化ソリューションの提供で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る